有明コミックドリーム

はじめての方へ

あのサークルさんの本がどうしても欲しい!
企業ブースであのキャラのグッズを何としても手に入れたい!

…そんな方々の多くは、慣れない早起きをして自宅最寄りの駅から一番電車に乗ったり、また、それでも遅い…となると、ビッグサイトに到着するりんかい線・ゆりかもめの初電をめざし、様々なご苦労をされていることと思います。
自宅を朝になってから出たのでは、りんかい線やゆりかもめの始発に間に合わない方も少なくないはず。。。

欲しいモノへの情熱のためなら!というその一心で、都心のホテルへの宿泊、あるいはネットカフェや24時間営業のファミレス・ファストフード店などで時間を潰し、駅のシャッターが開くのを待って電車に乗られる方も多いんじゃないでしょうか?

中には、「どうせいっぱいいるんだから自分一人くらい増えても…」と、前夜のうちに会場へ向かい、いわゆる「徹夜行為」に及んでしまっている方や、あるいは「始発の時間より前に会場へ行ってしまったら『徹夜』になるから」と、会場周辺のどこかで時間を潰し、時間に合わせて歩いて会場へ向かわれている方もおられるかもしれません。

しかし、開催当日の公共交通始発便が到着する時間帯より前に会場へ来場する行為は、コミックマーケット準備会様により参加者の禁止事項として定められています。
また、始発が到着する時間帯以前に形成されている一般待機列(いわゆる“徹夜列”)には並んでいない方でも、深夜~早朝にかけて会場の周辺地域を徘徊したり、近隣のオフィスビル・ホテル・病院等の敷地内へ理由なく立ち入る行為、コンビニや牛丼店等での常識の範囲を超えた長時間の滞在…等により会場周辺における治安上の問題を発生させたり、あるいは近隣の一般の方々にご迷惑をかけてしまうようなことがあれば、それは徹夜行為と同様、コミックマーケットの今後の開催継続を危うくしてしまう、という結果へとつながることにもなりかねません。

とはいえ、「ルールを守って会場入りする」ことと「少しでも早く行って並ぶ」こと、この2つの命題をともに満たすためには、さまざまな苦難や不安が伴ってしまうのもまた現実。。。

そこで、弊社では「ルールを厳守」し、かつその条件下で「できるだけ早く」待機列へのアクセスをお望みの皆さまのために、その目的に特化したツアーバスを企画・運行しております。

「交通費や宿泊費などの会場の外で使うお金は、トータルでできるだけ安く抑えたい!」
「前回まで使ってたホテル、満室じゃん! 他の所も不便だったり予算オーバーだったり。。」
「連日の参戦の疲労で、ホテルのベッドで爆睡して翌朝の予定の時間に起きれなかったらどうしよう…」

このような方々には、、前夜にご乗車いただければ、そのバスがその日の晩のお宿、兼ビッグサイトへの翌朝最速の足となる車中泊コースの≪有明コミックドリーム≫

「バスの4列シートじゃ、どうしても窮屈でよく寝れないよ!」
「体力勝負の3日間なんだから、睡眠はちゃんとしたベッドでしっかり取りたい」
「前日の深夜ギリギリまでネットで情報収集しなきゃだから、狭くて暗い夜行バスは無理」

このような方々には、豊富な出発地から早朝の有明へ、“始発組”のぶっちぎりの先頭集団をお約束する早朝集合・出発コースの≪けよりな号≫

皆様それぞれの戦闘計画に応じ、ご希望のコースをお選びください。

また、お帰りの際も「並んで待たず、必ず座って快適に」かつ「できるだけ早く」有明を後にすることができる、秋葉原直行の復路バス≪AKIBA DIRECT≫もご用意して、朝だけでなく会場からのお帰りの際にもBuswayが皆様を全力でサポートいたします。

いずれのコースも、ご利用は予約制となっております。
座席数には限りがございますので、どうぞお早めにお申し込みください。

(注) 会場・東京ビッグサイトへの来場は「一般的な公共交通の始発便到着」以降の時刻を目安とするよう、コミックマーケット準備会様により定められております。
【参考<ゆりかもめ有明駅到着始発列車>平日ダイヤ・土休日ダイヤとも:午前5時22分】
弊社では当プランの企画・実施にあたり、この規定を遵守するため、各コースとも現地へのバス到着予定時刻を「午前5時20分ごろ」と定め、早すぎる到着とならないよう適宜時間調整等を行いながら運行いたします。
また、バスが交通事情等により現地へ早めの到着となった場合、お降りいただくまでしばらく車内でお待ちいただくことがございますので、あらかじめご了承ください。